日本の良さがわかる情報サイト


[政治] 神社庁による「外国人参政権反対」署名運動



今、民主党が国民の反対を無視し「外国人参政権」法案を強行させようとしています。

そのような危険な動きに反対するため、
東京都神社庁が「外国人参政権法案」および「夫婦別姓法案」に反対する署名運動を行っております。

東京都内全ての神社の社務所に署名用紙を設置して、呼びかけを行っているとのことです。
これらの暴挙から日本の伝統と文化を守ることができるよう、八百万の神々のお力をお借りしたいと願います。


「外国人地方参政権付与法案」反対!

これは国家解体運動です。
永住外国人に地方自治体の首長や議員の選挙権を付与する要求には根拠がありません。
最高裁でも外国人の選挙権は否定されています。
地方選挙は国政に直結しています!
「対馬」が韓国領土に、「沖縄」が中国領土となる危険性が想起されます。
このまま進めば、地域住民の暮らしが脅かされ他国に我が国の領土を実効支配される恐れまであるのです。
断固反対します!



「夫婦別姓法案」反対!

これは個人を優先した思想であり、古き良き家族の絆を無視した考えです。
日本の氏制度は家族の一体性を尊重するものです。
将来を担う子供、孫にまで姓の選択をさせることにつながるのです。
断固反対します!



署名運動にご協力をお願いします

集めた署名は、東京都神道青年会から2010年1月末日に首相官邸に提出されるそうです。
残念ながらもう時間はありませんが、どうぞ宜しくお願いします。


■東京都神道青年会 ホームページ
http://www.tokyo-shinsei.jp/2201.html

■署名用紙ダウンロード
http://www.tokyo-shinsei.jp/common/tss_syomei.pdf

■送付先
東京都神道青年会 時局対策委員会 委員長 栗原健人 宛
203-2203 東久留米市南沢3-5-8 氷川神社内
※署名送付締切日:平成22年1月31日


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode