日本の良さがわかる情報サイト


[政治] 国保保険料-年収250万円4人家族の場合 1.8倍に値上げ



低所得者に国保料増
計算方式全国一本化 負担1.8倍も


 政府が国民健康保険(国保)の保険料(税)の計算方式を、低所得者に負担が重くなる方式に全国的に一本化するため、地方税法や国保法施行令を改定する方針を固めたことが19日までにわかりました。2013年度からの実施をめざして、地方税法改定案は24日に始まる通常国会に提出し、国保法施行令は今年度中に改定する意向です。(3面に関連記事、解説)

(中略)

 年収250万円の4人家族の場合、現行の「住民税方式」では年12万7680円の保険料が、「旧ただし書き方式」に変更すると22万7996円に、1・8倍に上がります。「経過措置」として一時的に軽減をしても15万2759円(1・2倍)に上がります。扶養家族がさらに多い世帯や障害者を扶養する世帯は負担が数倍にはね上がります。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-……_01_1.html



民主党は選挙前から
 「無駄を削減すれば20兆円くらい出てくる!」
 「消費税は議論すら必要ない!」
と言ってました。

↓証拠の動画 4:30~



結局、財源も埋蔵金も見つからず増税と負担増ばかりです。



民主党が行った増税・負担増リスト

■ 第三のビール 増税
■ 軽自動車税 増税
■ たばこ 増税
■ 配偶者控除 見直し
■ 給与所得控除 見直し
■ 成年扶養控除 見直し
■ 扶養控除 廃止
■ 相続税基礎控除 廃止
■ 相続税非課税制度 廃止
■ 相続税率 見直し
■ 企業の研究開発減税 見直し
■ 環境税新設
■ 国際連帯税


これら以外にも、例えば石油や小麦の備蓄、災害対策費等のような
将来の備えに必要なものさえどんどん削減しています。
本当の恐怖は民主党政権が終わったあとにやってきそうですね…。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode