日本の良さがわかる情報サイト


iPhoneの写真から自宅の位置情報が漏洩する危険性と対策



iPhoneで写真を撮影すると位置情報(ジオタグ)が埋め込まれる場合があります。
自宅住所などの個人情報が漏れないように、写真撮影時に位置情報が埋め込まれないように設定することをおすすめします。


1. 設定 > 一般 > リセット
2. 位置情報の警告をリセット > 削除
3. カメラを起動
4. 「現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」と聞かれるので、「許可しない」を選ぶ

これで、以降はカメラで写真を撮影しても位置情報が漏洩することがなくなります。
現在の設定が不明な場合も、上記の手順を行って再設定するのが安全です。
標準のカメラだけではなく、他のカメラアプリやTwitterクライアント等も位置情報を公開してしまう場合があるので、それぞれ再設定したほうが安全だと思います。

若い女性をターゲットにした位置情報による犯罪(空巣など)が発生していると言われているので、
「許可しない」設定にしておくことをおすすめします。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。


コメントをどうぞ


メニュー

実験用システム

twitter

 

QR

qrcode