中東に平和と繁栄の回廊を描け

銃を握らされ訓練を受ける少年兵、家族を失い瓦礫の中ひとり佇む 少女・・・
60年間、紛争が絶えなかった パレスチナ・ガザ地区に、政治信念ひとつで平和のヴィジョンを打 ちたてた男がいた。

「テロリズムの克服は軍事力ではなく経済的繁 栄と民主主義を希求する先にこそ築かれる」

彼の武器は、世界第 二位・総額1545兆円とも言われる日本の国力。
そして世界で唯 一無二の技術立国・日本の職人技だった。
彼の政治信念は果たして 膠着した欧米流・軍事外交に風穴を開けられるか。
政治家・麻生太 郎の挑戦はいまも続いている。


再生数:3495 コメント:1
コメント一覧

ブログ貼り付け用タグ


メニュー

実験用システム

 

QR

qrcode